Apple AirTagの特徴やメリット・デメリットを徹底解説【後半】

ガジェット

Apple AirTagの特徴やメリット・デメリットを徹底解説【前半】

ブログの前半は下のリンクをクリックしてください.

Apple AirTagのおすすめアクセサリー

Apple AirTagをより個性的かつ機能的に使用するためのアクセサリーは多数存在します。以下では、異なる特色を持つ3つのブランドを取り上げ、それぞれのアクセサリーの特徴を深掘りして紹介します。

Apple:公式ブランドらしい洗練されたデザインと堅牢性

Apple製のアクセサリーは、そのデザインや品質にAppleらしさを感じることができます。洗練されたカラーパレットと、持ち物にフィットするシンプルなデザインは、AirTagを日常のアイテムとしてスムーズに取り入れることができます。また、公式ブランドだけあり、AirTagとの互換性や耐久性に優れています。

  • 代表商品:キーリング、ループ
  • 価格:ポリウレタン製が3,300円(税込)、レザー製が4,400円(税込)。

Hermès:ラグジュアリーな逸品でステータスを高める

Hermès製のアクセサリーは、そのブランドの高級感と伝統的なクラフトマンシップを持つアイテムとして人気です。これらのアクセサリーは、単なる機能的なアイテムとしてではなく、ファッションやステータスの一部としても楽しめます。上質なレザーや細部までのこだわりは、所有する喜びをさらに高めてくれます。

  • 代表商品:キーホルダー、バッグチャーム、ラゲージタグ
  • 価格:キーホルダーやバッグチャームが各39,000円(税込)、ラゲージタグが44,000円(税込)。

AirTagの約10倍、、、
こだわる方は是非

Belkin:コスパと多様性を追求した実用品

Belkinは、電子機器アクセサリーの分野での長い経験と実績を持つブランドです。そのため、Belkin製のAirTagアクセサリーは、コストパフォーマンスに優れるだけでなく、多様なニーズに応える実用的なデザインと機能を持っています。シンプルながらもしっかりとAirTagを保護しつつ、日常のさまざまなシーンでの利用を想定したアイテムが揃っています。

  • 代表商品:キーリング、ストラップ、ペットタグホルダー、バイクマウント
  • 価格:キーリングやストラップが各1,650円(税込)、ペットタグホルダーやバイクマウントが各2,200円(税込)。

Apple AirTagに関するよくある質問(FAQ)

Apple AirTagについての疑問点を解消するため、以下に一般的な質問とその回答をまとめています。

Q
Apple AirTagはどこで購入できる?
A

Apple AirTagは、Appleの公式サイトやApple Storeアプリでオンライン購入が可能です。もちろん、実店舗のApple Storeや一部のApple正規販売店でも取り扱っています。特筆すべきは、オンライン購入時に無料で刻印ができる点です。

Q
Apple AirTagの必要数は?
A

Apple AirTagは1個から使用可能です。しかし、鍵や財布、バッグ、スーツケースなど、多くのアイテムに付けて管理したい場合は、それに応じて複数個購入することが推奨されます。なお、「探す」アプリで一度に表示されるAirTagは最大16個までです。

Q
Apple AirTagは水に強い?
A

Apple AirTagはIP67の耐水・防塵性能を持っています。これは、最大で水深1mの状態で30分間までの耐水性を意味します。しかしこれはあくまで一時的なもので、完全に水に浸けることはおすすめしません。もし水濡れや他の液体に触れた場合、清水で洗い流し、乾燥させてから使用してください。

Q
Apple AirTagは充電不要?
A

Apple AirTagは別途の充電は必要ありません。内蔵されているコイン型のバッテリー(CR2032)で動作し、約1年間使用が可能です。バッテリー残量の確認や交換も「探す」アプリから行えます。

Q
Apple AirTagでの追跡を他人に知られる心配は?
A

Appleはユーザーのプライバシーを重視しており、AirTagもその例外ではありません。AirTagからのBluetooth信号は暗号化され、定期的にIDが変わるため、第三者による追跡は困難です。また、様々なセキュリティ機能が搭載されており、他人に持ち去られたり、知らないAirTagによる追跡を感知したりする機能があります。これらの機能により、ユーザーはより安心してAirTagを使用することができます。

Apple AirTagの使い方のコツと注意点

Apple AirTagは、iPhoneとの連携を活かし、持ち物の追跡を可能にする便利なアクセサリーです。しかし、効果的に利用するためには、いくつかのコツと注意点を押さえておくことが重要です。

AirTagをiPhoneとのペアリング

使い始めに必要となるのがiPhoneとのペアリングです。以下の手順でスムーズにペアリングを行いましょう。

  1. iPhoneのBluetoothをオンにする。
  2. AirTagの包装を開け、iPhoneの近くに置く。
  3. iPhoneの指示に従い、AirTagに名前やアイコンを設定する。
  4. 「探す」アプリを開き、AirTagの位置を確認する。

注: AirTagは、自分のApple IDとペアリングされたiPhoneのみと連携。他人のデバイスでは設定や操作ができません。また、1つのiPhoneにペアリングできるAirTagは最大16個です。

持ち物へのAirTag取り付け

AirTagの取り付けには専用アクセサリーが必要。キーリング、ループ、ペットタグホルダーなど様々な種類が存在します。選び方のポイントは、用途、好み、予算に合わせることです。

注意点:

  • AirTagは金属や厚手の布などに隠れるとBluetooth信号が遮断される場合がある。
  • 耐水性を持つものの、完全防水ではない。水濡れ後は、乾いた布で拭き取る。
  • 人やペットの追跡には使用しない。Appleのガイドライン違反となりうる。

AirTagの位置確認

「探す」アプリを用いて、以下の3つの方法でAirTagの位置を特定できます。

  • 音で見つける:
    AirTagが近くにある場合、音を鳴らして位置を知る。
  • 画面で見つける:
    iPhone 11以降のモデルでは、画面上でAirTagの距離と方向が表示される。
  • 地図で見つける:
    Bluetooth圏外の場合、Appleデバイスのネットワークを利用して位置情報を取得。

注意点:

  • 位置情報は必ずしも正確でない場合がある。
  • AirTagの位置情報はペアリングされたデバイスのみで確認可能。

AirTagを紛失した場合の対処法

AirTagを紛失した際には、「探す」アプリを活用することで、次のアクションを取ることができます。

  • 紛失モードの有効化:
    「探す」アプリから直接、紛失モードを設定することができます。このモードには以下の特長があります。
  • 通知受信:
    AirTagが「探す」ネットワークに繋がった時、その位置情報の通知を受け取れます。
  • 連絡先情報の登録:
    NFC対応スマートフォンでAirTagに触れると、登録した連絡先情報が表示され、発見者からの連絡を促進します。
  • 他のAppleデバイスを紛失した場合の「紛失モード」:
    iPhoneやiPadが紛失された際には、紛失モードを有効化して、デバイスのセキュリティを強化することができます。
    • パスコードの設定: デバイスをロックし、不正利用を防止します。
    • 連絡情報の表示: デバイスにメッセージや電話番号を表示、発見者へ連絡を促します。
    • 支払いオプションの無効化: Apple Payやクレジットカードの使用を停止します。発見時には再有効化可能です。

紛失時の注意点として:

  • 音声の制限:
    紛失モード時、AirTagは自動的に音を鳴らさなくなります。
    NFC対応スマートフォンで接触すると音が鳴ります。
  • 「正確な場所を見つける」機能の制限:
    ネットワーク接続までの間、この機能は使用できません。
  • 連絡先情報の表示:
    紛失モードでのみ、登録された連絡先情報が表示されます。
    他人の情報の表示はありません。

Apple AirTagは非常に便利な追跡ツールですが、その利用には注意が必要です。特に、人やペットの追跡用途ではなく、物の追跡を目的としています。Appleのガイドラインに反する使用は控え、プライバシーやセキュリティを常に意識して適切に利用しましょう。

Apple AirTagの要点まとめ

Apple AirTagはiPhoneとのシームレスな連携を特徴とし、持ち物の追跡や紛失対応を助けるユニークなアクセサリーです。以下に、主要な特徴やメリット・デメリットを表形式でまとめました。

Apple AirTagの主な特徴

特徴詳細
小さくて軽い約3.2cmの直径、0.8cmの厚さ、11gの重さ
バッテリー交換可能CR2032コイン型バッテリーを使用、約1年の使用が可能
耐水・防塵性能IP67等級、水深1mで30分間耐えられる
刻印サービスApple公式サイトやApple Storeアプリで無料刻印可能
音や画面での追跡Bluetooth圏内での位置確認が可能
「探す」ネットワークBluetooth範囲外でもAppleデバイスネットワークで位置特定
プライバシーとセキュリティ専用暗号化・ペアリングによるセキュリティ機能

メリット & デメリット

メリットデメリット
持ち物の追跡が簡単iPhone専用のサービス
バッテリーの長寿命と交換性アクセサリーの追加購入が必要
耐水性やカスタマイズの自由度紛失モードの位置情報の精度にばらつき
多彩なアクセサリーでのカスタマイズ追跡のリスク

安価というわけではないですが,安心ともしもの時のことを考えると、
購入して損はないかと思います。
私は購入してから,何度か救われております、、、

まとめ

Apple AirTagは、iPhoneと連携して持ち物を追跡して見つけることができる便利なアクセサリーです。この記事では、Apple AirTagの特徴や使い方、メリットやデメリット、おすすめのアクセサリーなどを紹介しました。Apple AirTagを使えば、もう持ち物に困ることはありません。

じゅん

静岡育ちの27歳。現在は東京都在住メーカ勤務。営業として働く傍ら,本ブログを運営しております。「今よりももっと良い生活を手に!」をテーマに,自分が使ってよかったと思うものやサービスを紹介!

じゅんをフォローする
ガジェット
じゅんをフォローする
新婚サラリーマンの生活向上計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました