Apple AirTagの特徴やメリット・デメリットを徹底解説【前半】

ガジェット

Apple AirTagは、iPhoneと連携して持ち物の位置を確認できる便利なアクセサリーです。これは、鍵や財布、バッグやスーツケースなどに取り付けたり入れたりするだけで、iPhoneの「探す」アプリでその位置を確認できる小さくて軽い円形のデバイスです。音や画面で案内してくれる「正確な場所を見つける」機能や、「探す」ネットワークという世界中のApple製デバイスが協力して見つけてくれる仕組みなど、高度な技術を使って持ち物の位置を教えてくれます。この記事では、Apple AirTagの特徴やメリット・デメリット、おすすめのアクセサリーなどを詳しく解説します。Apple AirTagは持ち物紛失のストレスから解放される画期的な製品です。ぜひ最後までお読みください。

Apple AirTagとは


Apple AirTagは、iPhoneと連携して持ち物を追跡して見つけることができる小さくて便利なアクセサリーです。鍵や財布、バッグやスーツケースなどに取り付けたり入れたりするだけで、iPhoneの「探す」アプリでその位置を確認できます。もし近くにあれば、音や画面で見つけることができます。もし遠くにあれば、「探す」ネットワークという、世界中の数億台のApple製デバイスが協力して見つけてくれる仕組みがあります。また、プライバシーとセキュリティもしっかりと保護されているので、安心して使うことができます。

Apple AirTagの基本情報

AirTag
AirTag

Apple AirTagは、直径約3.2cm、厚さ約0.8cm、重さ約11gという小さくて軽い円形のデザインです。表面はステンレススチールで磨き上げられており、裏面は取り外し可能なカバーになっています。カバーを外すと、CR2032というコイン型のバッテリーが入っており、これを自分で交換することができます。バッテリーの寿命は約1年です。

また、IP67等級の耐水性能と防塵性能を持っており、水深1mで最大30分間まで耐えられます。Apple AirTagは、Bluetoothや超広帯域(UWB)テクノロジーを使ってiPhoneと通信します。UWBテクノロジーは、iPhone 11以降やiPhone 12シリーズに搭載されているU1チップと連携して、「正確な場所を見つける」という機能を提供します。

Apple AirTagは、1個入りで約3,900円(税込)、4個入りで約13,000円(税込)【2023年8月】で販売されています。Appleの公式サイトやApple Storeアプリから購入すると、無料で刻印を入れることができます。刻印には、テキストや絵文字を組み合わせることができます。また、Apple製やHermès製などの様々なアクセサリーも別売りで販売されています。

Apple AirTagの設定方法

Apple AirTagの設定方法は非常に簡単です。AirTagをiPhoneに近づけるだけで、画面にポップアップが表示されます。そこでAirTagに名前を付けたり、「探す」アプリに追加したりすることができます。名前はデフォルトのものから選ぶことも、自分でカスタマイズすることもできます。設定が完了すると、「探す」アプリの「持ち物を探す」タブにAirTagが表示されます。そこからAirTagの位置を確認したり、音を鳴らしたりすることができます。

Apple AirTagの特徴

Apple AirTagの主要な特徴を以下に紹介します。

近くにある場合の追跡

Bluetooth圏内にAirTagが存在する場合、「探す」アプリを用いて音を鳴らし、その位置を特定することが可能です。特にiPhone 11以降やiPhone 12シリーズのユーザーは、超広帯域(UWB)テクノロジーの恩恵を受け、iPhoneの画面でAirTagまでの距離や方向を表示させることができます。この表示には、AirTagの名前やアイコン、距離、方向が含まれ、さらに音や振動のフィードバックも得られます。特に、AirTagがすぐ近くにあるが見つからない場合や部屋の中での探し物に有効です。

遠くにある場合の追跡

Bluetooth圏外の場合、AirTagは「探す」ネットワークを利用し、世界中の数億台のApple製デバイスと協力して位置を特定します。このシステムは、近隣のAppleデバイスとBluetooth信号を暗号化して交換し、「探す」アプリに位置情報を送信します。この全プロセスは、ユーザーのプライバシーを保護する設計となっており、バックグラウンドでの動作もデータ通信やバッテリーに大きな影響を与えません

高度なプライバシーとセキュリティ

AppleはAirTagの設計において、プライバシーとセキュリティを最前線に置きました。具体的には:

  • ペアリング制限: AirTagはペアリングされたApple IDとのみ連携。
  • Bluetooth信号の暗号化: AirTagの信号は暗号化され、定期的にIDが変化。
  • 紛失モード: AirTagの位置情報と連絡先情報を「探す」ネットワークに共有。
  • 追跡防止アラート: 他人のAirTagが近くにある場合にアラート表示。

このように、AirTagはユーザーのセキュリティとプライバシーを最優先にして設計されています。

Apple AirTagの活用方法

Apple AirTagは、日常の持ち物に簡単に組み込むことができ、失くし物を効果的に探し出すための強力なツールとして機能します。以下では、その代表的な使用方法をいくつかピックアップしてみましょう。

鍵や財布に取り付ける

AirTagの鍵への取り付け
AirTagの財布への取り付け(カード型)

日常的に使用する鍵や財布。しかし、それだけに失くすことが多いアイテムでもありますね。そこで、Apple AirTagが役立ちます。取り付けるためには、専用のキーリングやループといったアクセサリーが必要となります。AppleやHermèsなど、多岐にわたるブランドからアクセサリーが提供されているため、自分のスタイルや予算に合わせて選べます。アクセサリーにAirTagをセットしたら、後は鍵や財布に取り付けるだけ。これで、失くした際には「探す」アプリで即座に位置を特定することが可能になります。

私は鍵と財布にAirTagを取り付けております。
財布へはカード型のアクセサリを取り付け,折りたたみ式の財布に収納しております。
AirTag取り付け前に紛失し,痛い目を見たため購入いたしました。

バッグやスーツケースへの収納

旅行や出張の際の必需品、バッグやスーツケース。しかし、混雑した空港やホテルでの紛失や盗難のリスクも。Apple AirTagは、そのような場面での頼りになるアイテムです。専用のアクセサリーなしで、直接バッグやスーツケースに入れることができます。ただし、金属や厚手の生地で覆われる場所には避け、Bluetooth信号が遮断されないよう注意が必要です。「探す」アプリを活用すれば、いつでもその場所を把握することができます。

海外旅行の際には,パスポートケースにAirTagを入れるという使い方をしました。
常にどこにあるのかがわかるため,精神的に安心できるのでおすすめです!

ペットや自転車への取り付け

ペットや自転車は、我々にとっての大切なパートナー。しかし、その行方不明や盗難のリスクも。Apple AirTagは、そのような状況を前にしても安心感を提供します。ペットの首輪や自転車のベルトなど、専用アクセサリーを活用することで取り付けが簡単です。[Belkinのペットタグホルダー]や[Spigenのバイクマウント]など、特定の用途に最適化されたアクセサリーも取り揃えられています。「探す」アプリで位置情報を確認し、もしもの時には「探す」ネットワークで迅速に対応できます。

Apple AirTagのメリットとデメリット

Apple AirTagは、アイテムの追跡に役立つAppleの製品として注目を浴びています。以下では、この製品のメリットとデメリットを詳しく説明します。

メリット

メリット
  • 持ち物を簡単に見つけられる
    Apple AirTagを使用すれば、鍵や財布などの小物から、バッグやスーツケースまで、さまざまな持ち物を迅速に特定できます。これは「正確な場所を見つける」機能や、世界中のApple製デバイスが協力する「探す」ネットワークのおかげです。
  • バッテリーの持続力と交換性
    約1年間持つCR2032の一般的なコイン型バッテリーを採用。使用中のバッテリー残量は「探す」アプリで確認でき、交換も簡単に行えます。
  • 耐水性とカスタマイズの刻印サービス
    IP67の耐水・防塵性能を持つため、日常の水や汗からAirTagを守ることができます。また、Appleの公式サイトやApple Storeで購入する際、無料の刻印サービスを利用できます。
  • 様々なアクセサリーでカスタマイズ
    AppleやHermèsなど、多くのメーカーから提供されるアクセサリーを使用して、AirTagを自分好みにカスタマイズできます。

デメリット

デメリット
  • iPhone専用の製品
    Apple AirTagはiPhoneとの連携を前提としており、AndroidやWindowsなどの他のOSのデバイスでは使用できません。また、最新の機能をフルに活用するには、最新のiPhoneが必要です。
  • アクセサリーの追加費用
    AirTagの本体価格に加えて、取り付けるためのアクセサリーの費用が必要。例として、Apple製のキーリングやHermès製のキーホルダーなどがあります。
  • 紛失モードの位置情報の不正確さ
    AirTagの「探す」ネットワークは、周囲のApple製デバイスとBluetooth信号を交換するため、位置情報が常に正確とは限りません。
  • 追跡のリスク
    AirTagは、持ち物追跡を目的としていますが、不正に使用されると個人を追跡するツールとなり得ます。Appleは、このリスクを軽減するための機能を提供していますが、その存在を意識して使用することが重要です。

AirTagは非常に便利な製品ですが、使用する際にはデメリットや注意点も考慮する必要があります。特にプライバシーやセキュリティに関する問題には十分な注意を払いましょう。

Apple AirTagの特徴やメリット・デメリットを徹底解説【後半】

ここまで,ご覧になっていただきありがとうとございました.
ブログの後半は下のリンクをクリックしてください.

じゅん

静岡育ちの27歳。現在は東京都在住メーカ勤務。営業として働く傍ら,本ブログを運営しております。「今よりももっと良い生活を手に!」をテーマに,自分が使ってよかったと思うものやサービスを紹介!

じゅんをフォローする
ガジェット
じゅんをフォローする
新婚サラリーマンの生活向上計画

コメント

タイトルとURLをコピーしました